インフォシェアはDynamics 365 Customer Engagementを使用しているお客様の“ 困った“にお答えします。

平素インフォシェアをお引き立ていただき誠にありがとうございます。
インフォシェアはこれまでエンタープライズのお客様を中心に マイクロソフトOffice 365、特にSharePointを中心とした活用コンサルティングや各種ワークフローの設計や実装のお手伝いをさせていただいてきました。例えるなら、SharePointは真っ白なキャンパスのようで、アイディアと実装次第で様々な用途に使用することが出来るアプリケーションです。文章ファイルを整理保管する以外にも、SharePointリストを簡易なデータベースとし、会社内の多種多様なデータを保管することもできます。
(※SharePointリストを活用して、どのように業務改善が行えるかは弊社で執筆しました書籍もご参照いただけます。 ひと目でわかるOffice 365ビジネス活用28の事例 – 日経BP社 
 

とはいえ、組織の将来的な成長を考慮すると、データは用途ごとに最も適切なアプリケーションで作成、保持されるべきです。例えば「営業案件」情報の管理。
ある企業様はExcelで営業案件管理を行っていますし、別のところではSharePointリストをカスタマイズし管理しています。一見どのようにでも扱えるように見えるこのデータの取り扱いを真剣に考慮したことはあるでしょうか? 組織の中で、かなりの人員を占める営業担当。そして、適切な利益を上げるために全ての部門が間接的にも営業の役割を担います。

組織の将来にも関わる顧客と営業のデータ。ただ案件管理を行うだけであれば、ExcelでもAccessでも、SharePointのリストでも、大体のアプリケーションは案件情報データを格納することが出来ます。しかしそれで本当に良いのでしょうか? データが格納できればそれで良いわけではなく、「組織の将来」を見越したデータの格納を考慮すべきです。

「なぜ、営業案件を獲得できたのか?」「なぜ、失注してしまったのか?」「お客様の反応はどのように変化していったのか?」「なぜ、A担当者は高い売り上げを上げることが出来ているのか?」
本来、情報はただ蓄積するだけではなく、分析を繰り返しながら ”使って” いくモノです。
 

インフォシェアはOffice 365SharePointのエキスパートとして、もっとお客様のお役に立ちたいと考えています。そしてその答えの一つとして、私たちは取り扱い製品の幅を継続的に広げていけるよう努力しています。
Dynamics 365は以前からご相談ベースで対応させていただいておりましたが、このたび正式にメニュー化し、私どものサービス ラインアップに掲載することとなりました。

2018-04-04 18-08-34

お客様の声を分析した結果、私たちは大きく「3つ」のお客様が抱える ”困った” に対応できるメニューを用意しました。
1.Dynamics 365について気軽に”困った”を質問できるメニュー
Salesforceをはじめとする他社CRM製品は取り扱いベンダーもWebサイトの情報も多いが、Dynamics 365になると非常に情報が限られている。疑問が出たときに、どこにも聞くことが出来ない。

2.Dynamics 365のちょっとした不便を解決したい
しっかり計画・設計してDynamics 365
を導入したものの、実は使い心地が良くない。これは導入に問題があるのではなく、CRMアプリケーションの特徴です。ビジネスは常に変化しており、現場ユーザーのニーズもすぐに陳腐化し変化する。使うディバイスも変化する。では、根本は変えないとしても、”少しのカスタマイズ” で日々変化する現場のニーズに対応できないだろうか?

3.現場にDynamics 365が浸透しない
どんなに素晴らしいDynamics 365を構築しても、利用するのは現場のユーザーです。正しく理解しないままに利用すると、不満が募るかもしれません。使う人に向けたトレーニングを開催したい。


インフォシェアでは、「5時間単位」で契約可能なコンサルティングサービス、そして現場で起きるニーズに素早く対応できる「カフェテリア型メニュー」。そして、常設のトレーニングコースです。現場のユーザーにDynamics 365を理解していただき、気持ちよく使っていただけるよう内容を作成しています。
それぞれの詳細は、別の記事でご紹介させていただきます。

Dynamics 365は将来にわたり、会社の財産となるデータを蓄積するのにふさわしいプラットフォームです。是非、インフォシェアの ”Dynamics 365 サービス メニューを” ご活用ください。
(※Dynamics 365は複数のアプリケーションで構成されており、インフォシェアが今回ご提供するのは、Customer Engagement向けのメニューです。)