Microsoft Bookingsを検証してみる -Part4

Microsoft Bookings 検証記事も今回で最後です。

サービス」メニューと「企業情報」メニューを取り上げます。

サービスの設定では、自社が提供しているサービスの詳細を登録します。例えばサービス提供にかかる時間や価格、予約間のバッファーなどを設定します、次に、お客様が予約完了時に受け取る確認メール送信、予約日が近くなってきた際のリマインダ メール送信設定を行います。

価格表示に関しては、バラエティに富む設定ができるようになっています。
1

ここで設定した価格は、そのままオンライン予約サイト側でも反映されるため、ふさわしい「単位」を設定し、「価格」を表示します。日本で多く使われるのは、固定価格だとおもいますが、これだけ種類が用意されていれば、どのような業種でも対応できそうですね。
なお、Microsoft Bookings では予約機能だけで「決済手段」は用意されていません。通常、決済をしようとすると、それだけで一つの仕組み(システム)が必要になりますし、要求事項が一気に高くなるので、出来なくて当然といえば当然です。

 

サービスで興味深いのは、「スタッフ」をサービスに紐づけることができる点です。例えば「このスタッフ」しか受け付けることができない予約などを設定できます。そうすると、価格設定も「このサービスだけ別」といった使い分けができます。もちろん「このサービスは二人で提供するので、二人の空きがなければ」という設定も可能。
2-1

3

また、こんなこともできます。「公開オプション」で「予約ページでこのサービスを表示する」を外すことによって、オンラインからは予約ができない設定にすることができます。そうすると、本当に常連の、すでにこのサービスを知っているお客様だけが電話で予約することができる、など「特別なサービス」として存在させられますね。
6

公開されないサービスなら設定はいらない? いいえ、設定することにより、スタッフのスケジュール管理(空き、対応中など)が出来るので、やはりすべて登録します。すべての情報、サービス、予定は一つのシステム上にあるべきです。

 

メール アラートに関しては、2つだけ理解していれば設定が行えます。

  1. 頻度の設定
  2. 送信先の設定

頻度はかなり細かく指定できます。15分から2週間です。送信先に関しては、顧客に対して送るのか、スタッフに対して送るのかを設定します。お客様に対して送るのはもちろんのこと、スタッフにも「〇〇様が来店される15分前です。」など事前の対応準備を促すこともできますね。

 

企業情報

このメニューでは、サービス提供者の基本的な情報を設定します。会社名や電話番号などは後からでもこの設定を使用して変更可能です。住所の設定では、Bingマップに連携させられるよう入力することができます。
4

ここで設定された住所を始めとする情報は、オンライン予約サイトや各種メールに記載されるようになります。

まだ十分に調査できていないのですが、せっかく住所がハイパーリンク化されるのに、どうも飛んでくるメール類にはそれが反映されていないようです。メールに住所は記載されるものの、「プレーンテキスト」になっています。ハイパーリンクになっていて直にBingマップに飛んでくれると、便利な気がしますが。

 

最後に、検証している中で気づきました。Microsoft Bookings、複数のページを作ることができます!

5

複数ページ作れば、例えば店舗ごとに予約管理を切り分けることも可能です!

「インフォシェア美容室 新宿店」「インフォシェア美容室 渋谷店」など、店舗ごとにページを分ければ、お客様はより予約を行いやすくなりますし(そこにいるスタッフのリストしか出ないようにできる)管理する側もよりきめ細かい対応ができます。これは良い機能!

 

まとめ

簡単にですが、Microsoft Bookingsの設定から各機能を見てきました。必要十分の機能が揃っているというのが個人的な感想です。もちろん、業種形態は多くあるので、どのようなビジネスでも使えるという保証はありません。例えばパッと思いつく中でも、複数の曜日を跨がなければならないシナリオだとどうだろうか? IT教室のように連続3日間の講義だとか、複数人を一人の担当者が受け持つなどのシナリオです。工夫すればできますけど、あまりごちゃごちゃひねると

あくまでOutlookの機能拡張。非常に多くのお客様を管理したり、複雑なサービスを提供するには、もっと別のサービスや、もしかすると専用のアプリケーションを使ったほうが良い場合もあるかもしれません。

とはいえ、通常の小規模ビジネスシナリオで考えると十分です。個人で行われていたり、数人のスタッフで運営しているところには、かなり強力な武器となるのではないでしょうか。

 

前の記事でもふれましたが、この手のツールは「単品」で使用して効果が出たり便利に感じたりするものではないと思います。Office 365を使っているユーザーが便利に使える道具です。

Office 365の良いところは、常に進化をしているところです。機能は随時追加されていきます。マイクロソフトのサイトでは、Microsoft Bookingsのフィードバックや将来の機能実装のアイディアを受け付けているところがあります。そこには、すでに「カスタム フィールドを追加できるようにしてほしい」などの要望が上がっており、実装も検討されているようですので、近い将来にもっとかゆいところに手が届くようになるかもしれません。

https://outlook.uservoice.com/forums/314907-microsoft-bookings