Nintex for SharePoint 2016 ってどんな感じ?

Blog投稿が久しぶりになってしまいまして申し訳ありません。

Nintex関連の連載記事は以前シリーズ(以前の連載記事の目次はこちらから)でお伝えしていたのですが、機能も増えてきましたので、Nintex連載記事 Season2を行いたいと思います。

Season2の連載予定は以下です。

Nintex for SharePoint 2016
・Nintex for SharePoint 2016ってどんな感じ?
Nintex Workflowのコネクタサービス一覧
Nintex Workflowのアクション一覧
Nintex Workflowを外部からスタートする!?外部スタート機能を実行してみる
Nintex Forms Enterprize Editionの機能とは
Nintex Forms で他のデータソースを使用する
Nintex Forms でPDF出力ができる!?
Nintex Tips
Nintex Workflow でよく言う承認ルートって出来るの?
Nintex で申請書の自動採番を考えてみる
Nintex Worflowで、PowerShell実行って出来るの?
Nintex Workflow Analyzerについて
Nintex Workflow のドキュメント生成
Nintex Workflow DocuSign連携

では、Season2の1発目、行ってみましょう!
———————

Nintex for SharePoint 2016は、SharePoint Server 2016(オンプレミス)向けのNintexです。

■ルック&フィール

最初にNintex Workflowデザイナです。

image_thumb.png

次にNintex Formsです。

image-1

WorkflowやForm構築に対して、余計なことで悩まないように、アイコンやUIが一新されシンプルになっています。フラットデザインになりプロダクトのロードも早くなったとメーカーは言ってますね。

サポートされるブラウザも種類が増えました。これはSharePoint 2016の対応ブラウザと同じです。

■ハイブリッド機能の拡充

Workflowのアクションは、コアタブとコネクタタブに分かれ、コネクタタブがわに、クラウドサービス連携のアクションが存在します。コネクタがわのショットを見ると、かなり色々なサービスと連携が出来そうな感じが伝わってきますね。
どんなアクションとコネクタが存在するかは次回書こうかなと思います。

image_thumb.pngimage_thumb.png

■外部スタート機能

オンプレの環境で実行しているNintex Workflowに対して、外部から(例えばSalesforce等の環境から)Workflowを実行する機能です。これに関しては、次回以降で紹介する予定です。

image

■サポート機能

全体管理はすこしメニューの構成が変わりました。

image

この中で紹介したい機能としては、Workflowサポートコンソールです。Workflowでエラーが発生した時に、Workflowサポートコンソールにエラーの内容が表示されます。ここで、ワークフローサポートパッケージの作成、あるいは、ファームサポートパッケージの作成を行っていたただくと、表示されたエラーに対して、Nintex Supportに問い合わせるために必要な情報がZIPになってダウンロードすることが出来るようになります。

image

内容を確認してみると、ログだったり、プロダクト情報だったり、と言った必要な情報が切り出されてアーカイブされているようです。こんな感じでした。

image

で、後はSupportに送るだけですね。問題解決の時間が早くなる可能性が高くなったと思います。

如何でしょうか?
Nintexにご興味のあるかた、以下のお問い合わせからご連絡いただければ、お伺いすることも可能です。(一応、Nintex Virtual Technical Evangelist (vTE) をNintex社より任命されておりますです・・・)

http://www.infoshare.co.jp/contact.php

では、今後ともよろしくお願いたします。